賃貸物件でできる騒音・防音対策を紹介!

公開日:2024/06/15

多くの人が集まる賃貸の集合住宅では、戸建て住宅に比べて、騒音トラブルに巻き込まれる確率が高くなります。では、賃貸物件での騒音トラブルに巻き込まれないためにはどうすればよいのでしょうか。本記事では、賃貸物件で起こりやすい騒音トラブルの種類やトラブルを起こさないコツ、そして防音室のある注文住宅のメリットを紹介します。

賃貸物件で起こりやすい騒音トラブル

賃貸物件で起こりやすい騒音トラブルは生活騒音に関するものです。最も多く苦情が寄せられるのは、電化製品の音です。次いで、自動車のアイドリング音や空ぶかし、人の声や足音、給排水管の音、ペットの音、楽器や音響機器の音と続きます。

なぜ、マンションなどの賃貸物件で騒音トラブルが発生するのでしょうか。その理由は音の伝わり方にあります

騒音は空気伝搬音と固体伝搬音のふたつに分けられます。空気伝搬音とは、空気を伝わって聞こえてくる音のことで、話し声やテレビの音、ペットの鳴き声などが該当します

音源から離れるにしたがって音が小さくなるという特徴があります。空気伝播音を遮断するには窓などの開口部を閉じるのが効果的です。窓に防音テープを張るといった対策を行い、空気が漏れないよう注意しなければなりません。

固体伝播音は床や外壁が振動することで発生する音です。子どもが走る音などがあてはまります。固体伝播音は壁や床を厚くしても防ぎにくいという厄介な性質を持っています。

足音以外にもドアの開閉音なども固体伝播音に含まれます集合住宅などで多く用いられるコンクリートは空気よりもはるかに音を伝えやすいため、思わぬ場所まで音が届いてしまうことがあります。

固体音は鉄筋コンクリート造(RC造)で響きやすいため、集合住宅の騒音の原因となることがあります。空気伝播音よりもはるかに防音が難しいため、完全に防ぐには防音装置などを設置しなければなりません

騒音トラブルを起こさないコツ

騒音トラブルを引き起こさないためにはどうするべきなのでしょうか。騒音の原因で最も多いのは電化製品の音です。そのため、電化製品を使用する時間に配慮することで騒音トラブルを回避できるかもしれません

具体的には早朝や深夜に大きな音が出る電化製品を使わないよう配慮することです。たとえば、掃除機や洗濯機は駆動音や振動音が大きく、先ほど説明した固体伝播音の発生源となりがちです。こうした機器を早朝や深夜に使用すると近隣住民の睡眠を妨げてしまうかもしれません。

音を小さくするよう意識することも重要です。テレビの音量を大きくしすぎたり、夜中に友人と大声で会話したりといったことで発生する音も騒音トラブルの原因となります。夜間の足音はかなり響きますので、静かに歩くよう意識したほうが無難です。

加えて、アの開閉音などもかなり響きますので、乱暴に開け閉めしないことや引きずらないことを意識するとよいでしょう。すき間テープなどの緩衝材を使用するのもひとつの方法です。窓を開けたまま話をすると近隣に聞こえて騒音とみなされるかもしれませんので、大きな声で話す際は窓を閉めたほうがよいでしょう。

また、室内でペットを飼っている場合は小さいときから大きな音を出さないよう躾けなければなりません。ペットの習性をよく理解し、音が出にくいペットを飼うことも選択肢のひとつです。騒音が伝わりにくくなるよう、防音対策をすることもトラブル回避のポイントとなります。

最も手軽な対策は防音テープの仕様です。窓のすきまをふさぐことで音が外に漏れるのを防いでくれます。吸音材を使う方法もあります。多孔質の有孔ボードや進度を吸収してくれる吸音材等を使用して音を抑える工夫も効果があります。足音対策としては防音カーペットや防振ゴムの使用が考えられます

防音室のある注文住宅に住むという選択肢

生活している以上、生活音を完全になくすのは不可能です。賃貸住宅で騒音の苦情を受けた方のなかには、大きな音を出していないにもかかわらずクレームを受けた経験がある方もいらっしゃるでしょう。

そんな方におすすめなのが防音室のある注文住宅の建設です。戸建てにすることで集合住宅よりも音に関して気にする必要性が大きく減少します。

加えて、一般的な住宅にはない防音室を備えることで、周囲を気にすることなく音楽などを楽しめます。防音室とは部屋の壁や天井、床などを防音材で囲った部屋のことです。防音室があると、時間帯を気にせず音楽や映画などを楽しむことができます。防音室があることにより自宅の音が外に漏れにくくなるため、近隣住民とのトラブルの確率を減らすことができるでしょう。

加えて、自宅で仕事をするリモートワークにも集中して取り組めるようになります。音に関して色々な心配がある方は賃貸住宅から防音室の戸建に住み替えたほうがストレスなく生活できるでしょう。

まとめ

今回は賃貸物件の騒音トラブルやトラブルを回避するためのコツを中心に解説してきました。音に関するトラブルは多くの人が同じ建物に住む賃貸の集合住宅では回避しにくいというのが実情です。以前に騒音を指摘されたり、周囲のことを気にせずに音楽などを楽しみたいと思ったりしたら、賃貸住宅から防音室付きの注文住宅への引越しを検討してみてはいかがでしょうか。

PRこだわりを叶えるコストパフォーマンスの高い家づくりとは?

【立川市】おすすめの注文住宅メーカー比較表

イメージ
引用元:https://www.cleverlyhome.jp/tachikawa

引用元:https://www.ichijo.co.jp/

引用元:https://with-e-home.com/

引用元:https://www.tamahome.jp/

引用元:https://www.actie.jp/
会社名クレバリーホーム 立川店(株式会社デザイノ)一条工務店 立川展示場ウィザースホーム 立川展示場タマホーム 立川店actie(アクティエ)
特徴メンテナンス不要の外壁タイルが標準仕様なのでライフサイクルコストを抑えられる快適に暮らしても省エネができる高気密・高断熱の家づくり短期的なコストや家の見た目だけでなくライフサイクルコストの削減にも尽力コスト削減を徹底し付加価値の高い家を「適正価格」で提供強度・耐久度が高いエンジニアリングウッドを用いて耐震性の高さを実現
こんな人におすすめ・テレワークの方
・楽器演奏やゲーム実況をする方
・ペットを飼っている方
・ヨーロピアンスタイルや南欧風スタイルが好きな方
・本格的な和風住宅や現代風の和モダンが好きな方
・スポーツをする方
・アウトドア好きの方
・車やバイクを趣味にされている方
・都市部狭小地に家を建てたい方
・趣味や芸術にこだわりたい方
・屋上で菜園や庭園を楽しみたい方
・屋上庭園が欲しい方
・子どもやペットと暮らす方
問い合わせ方法電話、メールフォーム電話、FAX、メールフォーム電話、メールフォーム電話、メールフォーム電話、メールフォーム
営業時間10:00~18:00
定休日:水曜日
記載なし9:30~18:30
(展示場は10:00~18:00)
定休日:火曜日、水曜日
9:00~18:00
定休日:水曜日
10:00~18:00
定休日:火曜日、水曜日
店舗・展示場〒190-0015 東京都立川市泉町935-1 ハウジングワールド立川内〒190-0015 東京都立川市泉町935-1 ハウジングワールド立川内〒190-0015 東京都立川市泉町935-1 ハウジングワールド立川内〒190-0015 東京都立川市泉町935-1 ハウジングワールド立川内〒190-0015 東京都立川市泉町935-1 ハウジングワールド立川内
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら